草木染めなどにて文化交流使を務め染色教室を行っています

四季折々 自然の伊吹に驚き 旅をして出会う人々
その国の芸術 自然から受ける感動
それらを自分の感性で具象化する夢追い作業に勤しんでいます。

 

文化交流活動として

2021年6月 エストニアにて文化交流活動を行って参りました

詳細はブログにて

こちらをクリック

 


2019年4月9日~20日 国際交流基金の助成を頂き、現地日本大使館のご指示のもと、ボスニアヘルツェゴビナの首都サラエボとスロベニアの首都リュブリャナで染による日本文化紹介の活動をいたしました。

詳しくはブログを書いておりますのでご覧ください。

文化交流使として No1

文化交流使として No2

 

プロフィール

p1060341

 

日本の芸術文化を海外に広める文化庁の2011年度「文化交流使」に指名されました。

10月下旬から約1カ月間、バルト3国の一つエストニアを訪れ、染色指導を通じて日本文化への理解を広める活動を行いました。

東京の専門学校で染色を学んだ後、国内で個展を重ね、1992年のオーストラリアを皮切りにアジア、オセアニア、欧州各地の海外計12カ国で個展や染色指導を行ってきました。

 

詳しい道程は文化交流使のページに記載しております。
こちらをクリックください

 

 

info.

美咲町報の表紙、裏表紙に掲載されました。

町報の編集者がマレーシア コタバル市の青年たち約20人が訪れ「絞りによる藍染」ワークショップを開催しているときに、インタビューにみえました。

美咲の匠シリーズ①

「理想を形に」色褪せない思い

広がり続ける時友さんの染色の世界

としてご紹介いただきました。

 

 

Blog

人間は自分の過ちを知った時の対処により人格が判る。

統一教会関連との関りについて、政治家の対応は様々だが良心を感じられる人が少ないのは残念。 40年近く前 私の教室の生徒の娘さんが例の団体にねらわれた。 旧家で昔からの資産の有る家だ。 久しぶりに訪ねて来た娘さんの友人が朝 …

三年ぶりのワークショップ開催

7月2日3日に恒例であった年に一度のワークショップを三年ぶりに開いた。 熱心な20名にのみ案内を送ったがほとんどが私と同年配 「癌が見つかり手術待、抗癌治療を行っている」と意外と元気な声での報告。 「先生は今も外国で大活 …

笹百合の香り

私が育った打穴里地区は急斜面の谷を耕し、石を積んで棚田を作り、斜面は桑畑だった。 桑の木は根を広く深く伸ばすので災害予防にもなったのだろう。 山道を進むと思いがけない脇道に又、棚田があった。 我家の田も隠し田のような人目 …

二上山両山寺のご開帳

和銅7年(708年)に開山された真言宗準別格本山、二上山両山寺の33年に一度のご本尊ご開帳が新築された本堂で去る4月30日、5月1日の二日間開催された。 前回、裏方としてご寺院接待係を勤め、約50名の美作地区一同からの僧 …

何をするにも体力が必要。

余裕が出来ると外国での文化交流を考え、今迄20を超す国々へ60余回出掛けた。 幸、良い方と接する機会が多く、世界中の友人と思い出が私の財産です。 指導した絞りや草木染がどのように消化され、作品になっているかが気になり、同 …

PAGETOP
Copyright © 染色家 時友尚子 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.